フコキサンチン生産までの作業工程を簡単に説明します。

培養(Cultivation)

増殖に必要な栄養素を含んだ培地の中で、二酸化炭素と光を供給すること で、微細藻類を増殖させます。

凍結乾燥(Freeze-dry)

収穫物から水分を除去します。 低温で処理することで微細藻類中の有効成分(フコキサンチン)を安定に維持することが出来ます。

精製(Purification)

粗抽出物に含まれるフコキサンチン以外の成分を取り除くことで、純度95% 以上の精製フコキサンチンを得ることが出来ます。

培養(Cultivation)

増殖に必要な栄養素を含んだ培地の中で、二酸化炭素と光を供給すること で、微細藻類を増殖させます。

収穫(Harvest)

培養液中の微細藻類を遠心分離、凝集剤などを使って回収します。 培養液の一部(1~2割)を残しておき、新たに培地を添加して培養を繰り返 します。

凍結乾燥(Freeze-dry)

収穫物から水分を除去します。 低温で処理することで微細藻類中の有効成分(フコキサンチン)を安定に維 持することが出来ます。

抽出(Extraction)

凍結乾燥した微細藻類からアルコール類を使ってフコキサンチンを含む粗抽 出物を得ます。 粗抽出物には、脂質や他の色素(クロロフィル)などが含まれています。

精製(Purification)

粗抽出物に含まれるフコキサンチン以外の成分を取り除くことで、純度95% 以上の精製フコキサンチンを得ることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です