フコキサンチンとは、コンブやワカメなどの海藻や微細藻類に含まれる色素の一種で、鮮やかな赤色をしています。しかし、海藻にはごく僅かにしか含まれていません。私たちは海藻の約10倍もの量を含む微細藻類を大量培養してフコキサンチンを生産しています。

フコキサンチンの持つ生理活性
私たちがフコキサンチンに注目したのは、フコキサンチンには身体に良い作用をもたらすことが期待できる様々な生理活性が報告されているからです。フコキサンチンという物質は1914年に発見され、そこから100年以上が経過しました。以下にこれまでに発表されたフコキサンチンの研究結果を簡単に紹介します。
※以下の作用は研究段階における結果であり、特定のサプリメントや化粧品の効能をあらわす内容ではありません。
1.抗酸化作用

私たちの身体は日々、紫外線やストレスによって発生する活性酸素によりサビていきます(=酸化)。この酸化は身体の老化につながると考えられており、フコキサンチンには酸化を防御、回復させる効果(抗酸化)があると報告されています。

2.美容美白作用

シミは肌のターンオーバーが乱れてメラニンが蓄積することで発生します。フコキサンチンにはメラニンの合成を抑制する効果があると報告されています。肌のハリ、ツヤには、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンといった肌の中の成分が重要な役割を担っています。フコキサンチンにはこれらの成分を保持しやすくする効果があると報告されています。

3.抗肥満作用

脂肪は身体に蓄えられる重要なエネルギー源となりますが、脂肪の過剰な蓄積による肥満は万病のもとになります。フコキサンチンには蓄積した脂肪を燃焼させやすくする効果があると報告されています。

4.育毛作用

髪の成長には、髪の根本の細胞(毛乳頭細胞)が活発に分裂する必要があります。毛乳頭細胞の分裂を促進する効果がフコキサンチンにあるとの報告があります。

5.紫外線からの保護作用

強力な紫外線を浴びると皮膚に炎症が起こりますが、フコキサンチンには炎症が起こるのを防ぐ効果、起きた炎症の回復を促進する効果が報告されています。

6.抗がん作用

正常な細胞が遺伝子損傷などにより異常増殖をするようになったものががん細胞と呼ばれています。そのようながん細胞に対して細胞死(アポトーシス)を誘導する効果がフコキサンチンにあるとの報告があります。